島根益田市 田ノ原牧場~山地酪農の実践~

島根のちょっと山奥で自然と共に生きる酪農家(を目指す)ブログです。
2017年10月現在、山羊一頭と猫2匹,牛四頭。少しの田んぼと畑を無農薬で細々とやりながら、牛を山に放牧しながら、耕作放棄地となった田と荒れた山を開拓しています。

実るもの、その他




道端にワサワサなってる雑草の中にもかわいらしいものが

カラスノエンドウです。これは種を出した後のカラですが、黒く硬くなると共に、らせん状にねじれています。

カラの中にはこんな風に小さくてかわいらしい種が並んでいます。

普通に小さいインゲン豆みたいですね。

実際カラスノエンドウはゆでたり炒めたりして食べることが可能です。

葉っぱも食べられるそうです。数ある雑草のなかでもかなり優秀な部類に入るでしょう。

ヤギのすけさんも大好きです。

これはミカンの花が散った後に結実した実です。こちらも小さくてとても愛らしいです。

こちらもあまり普段は見る機会がないですね。

グミの実もなっていました。グミの木自体が大きくなり過ぎているせいか、実はあまりできていませんでした。数少ない実も鳥にやられたのかすぐになくなってしまいました。

肝心の味も若かったせいか酸っぱくて美味しくはありませんでした。

春から夏にかけて、様々な草木が実を結んでいく今日この頃でした。


おまけ


すけさんをもらった鶏楽園さんの仔山羊と母山羊。

ちょうど私たちが訪問したときに出産していた、あんずちゃんです。

元気にお母さんや友達の仔山羊と走りまわっていました。

鶏楽園さんで飼われている黒柏。天然記念物だそうで、風格と気品に満ちています。
鶏より少し大きめ、意外とひとなつっこいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。