島根益田市 田ノ原牧場~山地酪農の実践~

島根のちょっと山奥で自然と共に生きる酪農家(を目指す)ブログです。
2017年10月現在、山羊一頭と猫2匹,牛四頭。少しの田んぼと畑を無農薬で細々とやりながら、牛を山に放牧しながら、耕作放棄地となった田と荒れた山を開拓しています。

ポポーっとターザン

うちの山の開拓を進める中で、木がなくなりだんだんと山が明るさを取り戻して来ました。
しかし一方で山に今までいなかった害獣が出没するようになってしまいました。
そう…それは【猿】です!
彼らは大木に絡みついたツルを伝って木から木へまるでターザンのように縦横無尽に飛び回ります。

なんと今回は偶然にもその写真を激写できたので公開させていただきます。



これは恐らく雄ですね。体格が雌より一回り大きいです。

同時期に雌も撮れました。どうやら集団で行動している様子で、
ツタが切れるか切れないかのドキドキ感を楽しんでいるようです。


山を開拓していると本当に色んな自然の生き物を発見できるのも楽しみの一つです。


それと、一向に残暑が去らない中でも秋らしい果実をいただきました。

これは?


一発でわかったひとは少ないかもしれません。自分たちも初めて口にしました。


島根県のローカル名物、幻と言われる果物、ポポーです。
見た目はアケビのようで、生焼けの焼き芋のような色をしていますが、中を割ってみるときれいなクリーム色。香りは甘酒のような熟しすぎた果実のむわっとした香り。


一口食べるとバナナの風味のあとにパインやパッションフルーツ、マンゴーを合わせた濃厚でトロピカルな味わいが広がる。舌触りは少しざらつくがねっとり感もある。半熟の柿のよう?


最近ネットやメディアで取り上げられ、収穫量のわりに供給が追い付かずプレミア価格になっているというポポー、貴重なものをいただき、良い体験ができました。
みなさまも見かけることがあれば是非一度召し上がってみてください。


ポポーの種はとっておいて来年植えようと思います。
実が食べれるまで4~5年かかるようですが…


最後はひと夏を共に過ごし、少し距離の近づいた二人の写真。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。