島根益田市 田ノ原牧場~山地酪農の実践~

島根のちょっと山奥で自然と共に生きる酪農家(を目指す)ブログです。
2017年10月現在、山羊一頭と猫2匹,牛四頭。少しの田んぼと畑を無農薬で細々とやりながら、牛を山に放牧しながら、耕作放棄地となった田と荒れた山を開拓しています。

ヤギのすけさん、バラでお気に入りスペースを作る

ヤギのすけさんは大分一人での生活にも慣れ、ヴェーヴェー鳴いて人を呼ぶことも少なくなりました。


暑くなってきて、雑草がうっそうとしてきていますが、すけさんは好物のバラばかり食べるのでイマイチ雑草が抑えられている感じがしません。


上手に後ろ足で立って、前足をバラの硬い枝にひっかけ、柔らかい新芽から食べていきます。

下の方の葉はほぼなくなり、上部の届かない場所にだけ葉は残っていきます。

さながら屋根のように見えなくもないです(いや見えないか)。

すけさん「どうだ?俺の作ったバラゾーンは。」

すけさん「イカすだろ( ̄▽ ̄)?」


綺麗にバラを食べて自分の通る道も作り、どや顔を披露するすけさん。


身体は一回り大きくなり、色艶も深みを増し、雄らしさが若干感じられるようになってきました。


中はちょうどヤギが通れるくらいの幅になっています。バラの棘も、ヤギの硬い毛皮には通用しないみたいです。まさに獣道といった様子。


内側からもしっかり食べます。暑い日には小屋に帰らずバラの陰で休むことも。


それでもやっぱり一頭だけだと寂しそうなので、早くお嫁さんが見つけてあげたいです。

雄のおじいちゃんならもらって欲しいという話はあるのだけれど、すけさんもお爺ちゃんよりは若い女の子がいいよね…多分。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。