島根益田市 田ノ原牧場~山地酪農の実践~

島根のちょっと山奥で自然と共に生きる酪農家(を目指す)ブログです。
2017年10月現在、山羊一頭と猫2匹,牛四頭。少しの田んぼと畑を無農薬で細々とやりながら、牛を山に放牧しながら、耕作放棄地となった田と荒れた山を開拓しています。

小さな牛舎、建つ(骨組だけ)

ながーい間がまたしても空いてしまいましたが生きてます!


牛たちもすっかり山に慣れ、ぬかるんだ田んぼにズボズボ足を突っ込んでは草を食べ、たまった水たまりの水を飲むくらいに逞しくなっています。


道に出した牛がすっかり道草を食べくれました。
夏場は草の再生力のほうが勝ってしまいますが、10月になると徐々に草が足りなくなってきます。


子牛も乳と草、両方を食べておなかいっぱい

荒地にも積極的に入っていきます。子牛のほうが身軽なぶん広範囲の草を食べてくれます。食べない草はたまに抜いて回ることで牛の食べる柔らかい草を残します。


天気のいい日はみんなで並んでお昼寝、しっぽを振り振りしてとても気持ちよさそう。


そして、いよいよ牛舎が形になってきました。

じゃん

じゃじゃん

じゃじゃじゃ~
・・・( ^ω^)・・・ん!?


完成前に待ちきれずに牛が入ってきてしまいましたね。餌がないとわかるとさっさと彼らは草を食べに出て行ってしまいました(笑)


骨組みは知り合いの大工さんが作ってくれたので、あとは屋根と雨どい、2回物置の床面を張ればとりあえず雨はしのげます。


水稲でみんな忙しい時期なので、完成はもう少しかかりそうです。


自分は秋野菜の準備に追われています。


大根、白菜、玉ねぎ、ネギ、青梗菜、蕪、水菜、からし菜、子持ち高菜
以上の種まきは終わり、
これから
ゴボウ、菜花、スナップエンドウ、さやいんげん、ソラマメ
の種を蒔きます。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。