島根益田市 田ノ原牧場~山地酪農の実践~

島根のちょっと山奥で自然と共に生きる酪農家(を目指す)ブログです。
2017年10月現在、山羊一頭と猫2匹,牛四頭。少しの田んぼと畑を無農薬で細々とやりながら、牛を山に放牧しながら、耕作放棄地となった田と荒れた山を開拓しています。

無事稲刈り終了!

猛暑や連続台風、イノシシの侵入など、いろいろとトラブルはありましたが、なんとか今年の稲刈りが無事終了しました。


6枚で5反ほどの小さな田んぼではありますが、雨の隙間を縫って1週間ほどで終わらせることができました。
我が家の田んぼ装備は、小さなトラクター、2条植え田植え機、2条刈りコンバインですので、どんなに頑張っても1日で刈れる量は1反半くらいです(朝は露があるので刈れない)。


我が家の田は毎年無肥料、無施肥、農薬は最初の植え付け時に1回のみの減農薬です。
今まで収量を追い求めてきたことがないので、反当り一般的な米農家の約半分です。


お金にならなくても、美味しくて安全なお米を自分たちの手で細々と作り続けてきたおかげで今のちゃんとした田んぼがあります。
お父さん、お母さんはもちろん、この土地を守ってきた人たちには感謝の念に堪えません。



山で発見したハート形の竹。

ハートというよりは源氏パイ?無性にお腹が減ってきました。
山が作り出すアートですね。

竹林ゾーンも少し終わりを見せ始め、木々が根を張る山林ゾーンに入ってきました。
量はないので燃やすのは楽ですが、なるべく元の自然の美しさは残したままにしていきたいですね。


(ものの~け~たち~だけぇ~~)
のBGMが脳内再生されるほど山との親和性の高いヤギのスケさん。
ヤックルかな?
嬉しそうに山をずんずん登っていくので、また遭難されないようちゃんと首輪にロープを結んで引いています。


稲刈りも終わり、いよいよ秋の到来を感じます。
秋野菜との来年の春野菜の準備を着々と進めていく今日この頃でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。